恵方

jimokuji

自宅から歩いて10分くらいのところにある、甚目寺観音。尾張四観音のひとつです。これらの観音様は名古屋城から見て四方にある鬼門を守護するものとみなされたそうです。近年、恵方巻きが流行したことで知ったのですが、5年周期でいずれかの四方が恵方に当ります。今年は甚目寺が恵方だったので、節分は人で賑わっていました。今年はBACの厄年でもあるので、厄よけになれば幸いです。

ちなみに、甚目寺観音は6世紀くらいに建立されたとのこと。鎌倉時代には京都と鎌倉を結ぶ鎌倉街道がこの近くを通っており、萱津という宿場があったそう(東海道が整備されたのは江戸時代で、それ以前の主要な街道だった)。街道を南東の方向、鎌倉方向に進むと熱田神宮を経て、尾張四観音のひとつ笠寺観音に通じていたそうです。笠寺はBACの職場があるところで、自宅と職場をほぼ直線で結ぶような経路と言えます。残念ながら街道は名古屋の都市に埋もれて残っていないものの、街道沿いにあった神社仏閣が貴重な道しるべとして残っています。4〜5時間はかかりますが、もう少し暖かくなったら、地震などの避難訓練を兼ねて歩いてみたいと思っています。

興味深い読み物をネット上でみつけたので紹介しておきます。(一般社団法人日本電気協会

カテゴリ:



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bac.pose.jp/mt/mt-tb.cgi/168

コメントする

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Archives

  • 過去blog;偶然を廃棄せよ!
  • コータのblog;Kota's tomato salad

Counter

  • 購読する このブログを購読