まだ知らぬ我がまち

桃色黄色

このまちに引っ越してきて、早3年が経とうとしています。
大通りを東に車で5分ほど名古屋駅方面に進むと庄内川があり、そこを渡るとすぐに豊国神社があります。豊臣秀吉の生地です。

また、庄内川の手前(西側)を流れる五条川を車で15分ほど北へ遡ると、清洲城があります。織田家の城でしたが、後に豊臣家臣の福島正則の居城となったそうです。その福島正則の生まれ故郷がBACが住んでいるあま市とのこと。
昨年度の大河ドラマ「真田丸」のエンディング後の紀行で紹介されていました。

現在は名鉄津島線沿線に住宅地、幹線道路沿いに商店が建ち並んでいますが、ちょっと離れると田畑が広がっています。目立ったものは何もないのですが、のんびり歩いてみると古い集落が点在していて、立派な民家も残っています。そのような集落にはそれぞれに神社仏閣があったようで、背の高い木立の一群が住宅地のところどころにもこもこと頭をもたげています。

寒さの緩んだ真冬の1日、境内には蠟梅が香りを漂わせていました。

カテゴリ:



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bac.pose.jp/mt/mt-tb.cgi/167

コメントする

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Archives

  • 過去blog;偶然を廃棄せよ!
  • コータのblog;Kota's tomato salad

Counter

  • 購読する このブログを購読