移りゆく

浜岡砂丘

お、GWだし何処かへ行ったのか?と思わせるこの写真。
実は昨年の秋口の静岡小旅行の時に浜岡砂丘で撮影したものです。つづく、と書きかけてはや半年。ものごとは常に変化していくけれど、ちっとも対応できていない自分がいます。

悩んでも仕方がないので、何か手を打つべし、なんですが・・・つくづく計画の必要性を感じます。

そんなことを思うきっかけの一つは、職場で半年を1タームとして行っている「グループ改善活動」というものです。これは、一定の手法に則って、仕事における問題を明確にしてそれを解決する、あるいは、アイデアをベースにしたなんらかの課題を達成することを目的に、少人数のチームで取り組む企業内活動のひとつです。「PDCA」という言葉を聞いたことがありますかね? Plan, Do, Check, Actionの頭文字です。BACはいまの職場に来て初めて教えられたのですが、多くの会社では普通に行われていることかも知れません。

その「グループ改善活動」は、業務の一環に組み込まれているのですが、繁忙期は売り上げのための仕事に追われて、帳尻合わせの活動になってしまうことが少なくないです。活動成果の発表会がスケジュール化されているので仕方なくやるものの、止めたがっている人も多いです。一方で、大切な業務としてきちんと取り組んでいるグループもあり、発表を聞くと素直に感心させられます。運営者側からも、コストがかかるから止める、というような話は聞きません。企業を維持発展させるためには、こういう活動が必須と考えているようです。

さて、こういう活動の観点から我が身を省みると、多分にだらしないです。あまり計画的ではない。もちろん、企業と人生は違うと言い訳も可能です。例えば、人生の目的は維持発展させることではないだろう、と。でも、仮にそうだとしても、PDCAが生活の中に組み込まれているということは、健全性のひとつの指標ではありうるし、それによって実現できることもあるはずだ。

と、今更気づいたわけでもないけれど、あえて理屈っぽく書き起こしてみました。

カテゴリ:



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bac.pose.jp/mt/mt-tb.cgi/155

コメントする

2013年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Archives

  • 過去blog;偶然を廃棄せよ!
  • コータのblog;Kota's tomato salad

Counter

  • 購読する このブログを購読