アーティストになりたい

artist's_way

最近は少し仕事も落ち着いたので、休日はファミレスで読書をして過ごしている。近くにあるCoco'sで。でも、もうひとつ雰囲気が好きになれないでいる。Salon des centのようなお店があればよいのだが・・・とTKB時代を思い返したとき、Denny'sを利用していたことを思い出した。学生時代の4畳半のアパートから"エミール・ユキ"というアパートに引っ越して住んでいた2年の間、すぐ近くのDenny'sで本や論文を読んだものだった。


そこで、近くにDenny'sはないものかと探したところ、ない。一番近くて水戸の偕楽園の傍。それでも直線距離で10kmくらいなので、行ってみることにした。

携える本はiPodに入れたKindle版の"The artist's way"。日本語訳の書評をみて面白そうだったので、英語で読んでみたくなった本である。それに英語だと900円と安い!
実のところ英語できちんと読める自信はなかったのだが、Kindleには英英辞書がついているので、それなりに読めている(ただし、植物の名前など、固有名詞は実際のモノが連想できない)。まあ、高校を卒業していればそのくらいはできて当たり前かもしれない。
ときどき意味をとらえきれずにつまずくので、読むスピードはやはり落ちる。でも注意深く正確に読みとりたい内容なので、むしろそのほうがよいかもしれない。
また、日本語と英語は表現の仕方が違うので、原文の方がストレートに伝わってくる部分もある。できることなら、英語を即座に理解できるようになりたいものだが、そのためには地道にたくさん読むほかないのだろう。というのは、大学院に行って論文を読むようになって、そう感じた。


内容はとても刺激的なので、是非とも書きながら整理したいのだが、まだ途中なのでそれは追々。
ひとつだけ、アートというのはため池からなにかをすくいあげるようなもので、きっといろいろな場面で応用できるものなのだろうということ。Sienceであれば未知の因果関係ををすくいあげることだし、一般的な仕事であれば課題を見いだしてよい解決策を実現することがそれにあたるのかな、と思った。

あっという間に日が暮れたので、千波湖畔の夜桜を独り観賞して、帰宅の途についた。





千波湖に 映える桜の 夜は寒し

寞庵

カテゴリ:



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bac.pose.jp/mt/mt-tb.cgi/143

コメントする

2012年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Archives

  • 過去blog;偶然を廃棄せよ!
  • コータのblog;Kota's tomato salad

Counter

  • 購読する このブログを購読