星に願いを

star

ごぶさたです。震災から復帰後、6月の売り上げを落とすまいと働いて3ヶ月、ようやく一息つけました。桜が散ってから時の流れが速かったです。震災が遥か昔に感じられます。


日常的仕事漬けというのはどうにもよくないです。望まぬ仕事をしているわけではないけれど、期限に追われる側面が強いので、主体性が損なわれていく気がしてなりません。
そんな気分なせいか、「個性化とはなんぞや・・・」とか思いながら、ユングの「自我と無意識」やヘッセの「デミアン」を読んでいました。が、それこそ末期的なので、今日は外出して海へ。


福島以北は津波注意報が出ていましたが、近くの阿字ケ浦ではおかまいなしで子供達が泳いでいました。

日の注ぐ 海を泳ぐも 好かれども
潮風薫る 橋をかけたし

寞庵

カテゴリ:



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bac.pose.jp/mt/mt-tb.cgi/129

コメント(2)

「デミアン」懐かしい!
「車輪の下」「デミアン」「春の嵐」「知と愛」の一連の作品はヘッセの魂の遍歴とも言えるもので、学生時代に共感し、夢中になって読んだ本だからです。
 お忙しそうですが人間ぼんやりしている時間も必要では?
山にでも行かれると良いですね。
 私は7月30日に立山に出かけます。
 

コメントする

2011年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Latest comments

Archives

  • 過去blog;偶然を廃棄せよ!
  • コータのblog;Kota's tomato salad

Counter

  • 購読する このブログを購読