2011年7月アーカイブ

spirit

BACの居住地は被災地認定されているので、被災者証明が届いています。高速道路がしばらく無料で利用できるということもあり、先日祖母に会いにいってきました。やや痴ほうの気があると聞いていたけれど、それなりに元気そうでした。

写真はお正月に祖母のところに挨拶に行ったとき、介護施設の廊下に貼ってあった、祖母の書。
手の自由があまり利かなくなってしまっているけれど、気力はまだしっかり保っているようです。震災の時に会ったときは食事の時間をともにしたのですが、BACの申し出を断固拒否して、震える手でしっかりご飯を食べていました。

さて、BACの精神力はというと、芯はそれなりに維持はしているものの、徐々に削られているようで、うーん・・・どうしたものかと。
日々の仕事は忙しいというのもあるけれど、高価な材料を用いていたり、実験の準備から実施までの時間が長いため、やり直しができないということで、神経が摩耗する感覚の日々なんですよね。まあでも世の中の職業人、それぞれに大変さというのはあるわけで、頑張るしかないですね。



star

ごぶさたです。震災から復帰後、6月の売り上げを落とすまいと働いて3ヶ月、ようやく一息つけました。桜が散ってから時の流れが速かったです。震災が遥か昔に感じられます。


日常的仕事漬けというのはどうにもよくないです。望まぬ仕事をしているわけではないけれど、期限に追われる側面が強いので、主体性が損なわれていく気がしてなりません。
そんな気分なせいか、「個性化とはなんぞや・・・」とか思いながら、ユングの「自我と無意識」やヘッセの「デミアン」を読んでいました。が、それこそ末期的なので、今日は外出して海へ。


福島以北は津波注意報が出ていましたが、近くの阿字ケ浦ではおかまいなしで子供達が泳いでいました。

日の注ぐ 海を泳ぐも 好かれども
潮風薫る 橋をかけたし

寞庵



2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Latest comments

Archives

  • 過去blog;偶然を廃棄せよ!
  • コータのblog;Kota's tomato salad

Counter

  • 購読する このブログを購読