about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« 因果律 | メイン | 百万馬力 »

シーラ

本屋で久しぶりに強く本に呼ばれた。

感想。

金魚のように目玉を抉られるべきは自分かな、と。
不安に思うことはあるのだけれど、それでもきちんと向き合うしかない。

作中「星の王子さま」のキツネのエピソードがでてくる。
「キツネは偉い」と言っていた人のことを思い出す。

餌をあげるために通って、今日で1週間。
コータと同じ、白い犬。
名前すら知らない。
でも、撫でると尻尾を振るようになってくれたので、今日は初めて散歩に連れて行った。

コータと違って、生き物はうんちもするし、プライドもあるので大変だ。


毒気に当てられながら書いたので一回消した先の記事だけれど、再度公開にしておきます。

コメント (3)

MIKO:

 犬だって餌をくれる人には懐いてくれますよね。ご苦労様です。
 次回はbacがその犬を散歩する写真を公開して下さい。

しょう:

BACさん、元気かな?

シーラもトリイも金魚も、誰も悪くない
それでもかなしいことが起きてしまうのがこの世の中で・・・

キツネと王子さまとバラのお話、久し振りに読んでみようかな^^

BAC:

MIKOさん
ありがとうございます。
そうですね、今度写真に撮ろうかな。

しょうさん
元気ですよ^^
自分と関わった人がシーラのように幸せになって欲しい。そう思うなら、なおさら、自分も幸せでなければならないんですよね。

コメントを投稿