about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« 薔薇色の豚 | メイン | マチガイ »

人は差別する

人は、あらゆるものを評価し、その優劣、快不快によって、序列をつけ、対価を払い、その恵みを得る。
そのような差別化は、人間が人間である以上避けることができない。

一方で、信仰というものがある。 

万物を神に帰する。
それは、「差別化しない」ということに等しいのではないか。

差別化しないということは、原理的に、信仰に価値を与えることはできない。

あるいは、価値を与えた時点で、それは信仰ではなくなってしまう。

それゆえ、信仰は見えないものとしてのみ存在しうる。 

コメント (2)

ゆうや:

差別のは、色々なあるでしょう。

障害者差別、無差別などある。

同じ人間なのに差別のは、おかしいでしょう。

私は体験が沢山あります。

BAC:

ゆうやさん
そうですか、ゆうやさんは悲しい思いを沢山したんですね。
間違った差別は改めないといけないですよね。
BACも自分をよく振り返りたいと思います。

コメントを投稿