about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« As the deer | メイン | 畑のローテーション »

頓珍漢

私はよく両親に

「どうしておまえはそうなんだ」

と、言われる。

昔も今もかわらず。

いまさら、なにかわかってもらいたいと思っているわけでもないし、面と向かって何か言うつもりもない。


わたしはTKBの街を気に入っている。といっても、そこに安住の地を見出したわけではない。狭い狭いこの土地で、ぐるぐると当て所のない旅をつづけている。
自分は何も変わることなく、周りの風景だけが少しずつ変化していくように感じられる。

いや、それは錯覚で、自分も確実に変化している。

今現在、自分と共にあって、その変化が感じられるものがあるとすれば、このブログと畑だろうか。
もうひとつあるけれど、それは言わない。切なくなるから。

作詞、銀色夏生とあるのを見て、大学時代の友人Nさんの本棚にたくさんあったのを思い出した。

↓「ああ おかしいねっ」と笑い飛ばして『ぽちっとな♪』をおねがいします。
blog ranking
一日一回限定で、ワンクリックにつき10ポイント加算です。
ランクが上がるとコータが喜びます♪

コメント (6)

obasann:

 うーん、何か悲しいなあ。
ブログや自然農が心の居場所になっているのは分かりますが、隠遁生活のような気がしないでもありません。
 新しい世界で仕事にチャレンジしているR君をみたいです。深く考えること、自分を見つめることも自分探しだけれど、まだ、若いR君なのですから、未知のことにチャレンジし、がむしゃらに行動することで新しい自分も発見できるかも知れないし、必要なことだと思いますよ。
 趣味に生きるのは30年先で良いのでは?
 厳しいことを言いましたが…。
 

BAC:

obasann
そうですか?
ブログにしろ、自然農にしろ、ネガティブな気持ちでやっているつもりはないし、心のよりどころとしているわけでもありません。
どちらも、ささいなことだけれど、やってみたらなにかを作ること、表現することの難しさがよくわかるし、自分のことも見えてきます。それに、表現しようと思うと、周りの景色の見え方もまた変わってきます。自分自身の勉強する余地もわかります。

チャレンジって何ですか?

つくし農園の管理人さんは私と同い年ですが、会社を辞めて自然農の価値と楽しさを伝えるためにがんばっています。
あるいは、ベンチャー企業で働くことはチャレンジではないですか?


世の中、自分とは無関係に動いていると感じられるのはままあること。

obasannはこうしてコメントを寄せてくれていますが、母などは私のブログを読んだらなにか感じるところがあるのだろうか、変わることがあるのだろうか、そういうことが、言いたかったのです。

obasann:

 言いたかったことは、人はやはり仕事で(ベンチャー企業でも何でも良いのですが)社会に根を生やし、自己実現していければ幸せ(適当な表現が見つからないので)だということなのです。 
 自然農の管理人さんも哲学を持って仕事にし、生き甲斐を感じておられるのなら良いのではありませんか?
 ブログや自然農が現実逃避でないことを願ってコメントを書いたのですが、R君の考えが少し分かって良かったです。
 考えてみれば、おばさんはR君のブログを読むのを楽しみにしているのに矛盾していますね!

BAC:

obasann
ちょっと余計なことを書きすぎました。
ごめんなさい。
楽しい記事をこころがけますね^^

rose:

三国志にある『時節到来』って聞いたことあるかな?

むやみに下手に戦っても兵士の数が減ったり、
武器が足りなくなったりするだけ。
無駄な戦に終わるの。

賢者は時期と追い風が吹くまで耐えて待つのです。

諸葛亮孔明は天文学の知識をもって『天の時』

地形を最大限生かして『地の利』、

あとは、人格を尊重して『人の和』 
を尊んでそれらを融合させて
戦ったといわれています。

仕事探しもある意味『戦』でしょ?
作戦も必要かな?って思ったわけです。
利用できることは最大限利用して、色んな人に相談したり…

ここにきている人たちはみんな
bacさんのこと応援してますよ。
がんがれっ!

BAC:

roseさん
「天の時」ですか。うまいこといいますね。
でも・・・棚からぼたもちということはないので、きちんと準備を整えないとダメですよね。
いつもありがとうございます^^

コメントを投稿