about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« おいしい蜂蜜と特大レモン | メイン | サイファ »

ヤマノイモとオニドコロ

畑の脇の藪で、自然薯をほってきました。

ところが、後で調べたところ、俗に自然薯と呼ばれるヤマノイモには、それとよく似たオニドコロというよく似た芋が存在するらしいのです。しかも・・・毒があるらしい・・・。

種類の判別には、こちらの方の記事が参考になるかと思います。

とはいうものの、葉っぱがどうであったか、よく憶えていなかったので、おそるおそる端っこをかじってみました。

・・・うん、へんな味はしないし、いけそうです。

早速まるごとすりおろして、とろろご飯にしましたよ。

jinenjogohan01

コータ君がのぞきこんでいるやつね。

醤油とゆずコショウで味付けしました。
jinenjogohan02


とても粘っこくて、味も強くておいしかったです。
まだ残っているので、今度はダシと卵で食べようかな♪

コメント (3)

手越ゆうや:

食べたいなあ。

obasann:

 自然薯って子供の頃回りに山がありましたから知っていましたけれ食べた記憶はありません。写真で見てもずいぶん粘りがありそうね。
 前述の宅配で山芋は時々入ってくるのですが、粘りはないしあくが出てすぐ褐色になってしまうので、家ではもっぱら大和芋を買って山かけにしています。
 自分で掘った自然薯なんて最高の贅沢よ!
 それにしてもR君色々おかずを用意して感心!

BAC:

手越ゆうやさん
よかったら今度畑に遊びに来てくださいませ。
サツマイモでしたらたくさんあるのでお分けできると思います。

obasann
確かに、丸ごと摺ったこともあってか、色は真っ白ではなかったですけれども、味はよかったです。
やまいもにはいろいろ種類があるみたいですからね。私が掘った2本も外見が大分異なりました。

コメントを投稿