about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« たいやきやいた | メイン | 職のためのお勉強 »

belief to faith

finalventさんの日記にこんな記事がありました。

マザーは偉大だったんだなと思う

その一言の引用元はこちら

Readers of ''Come Be My Light'' are saying that it will become one of the great spiritual autobiographies. Mother Teresa had the gift of faith, not the gift of belief. She never walked away from her calling or ceased her work or stopped trusting -- and trust, not belief, is the heart of faith.

とある。

"belief"も"faith"も「信仰」と訳されるようだけれど、やはりニュアンスが異なるのですね。


BAC的解釈では・・・

beleif;
ここから出る言葉は、マタイによる福音書27章46『わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか』

faith;

ここから出る言葉は、 ルカによる福音書23章46『父よ、わたしの霊をみ手にゆだねます』

で、beliefは成就しないけれど、それでもなお、委ねるのがfaith。giftなんて望むべくもないのが『イエスが十字架上で神に見捨てられる意味』なんじゃないかなぁ・・・と思います。