about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« いざ大阪 | メイン | 女は何故子を産む? »

入り日

王子さま、あなたは、はればれしない日々を送ってこられたようだが、ぼくには、そのわけが、だんだんとわかってきました。ながいこと、あなたの気が晴れるのは、しずかな入り日のころだけだったのですね。

ぼくは四日めの朝、あなたが、ぼくにこういったとき、この、いままで知らずにいたことを知ったのです。

「ぼくね、日が暮れるころが、だいすきなんだよ。きみ、日の沈むとこ、ながめにいこうよ・・・・・・」

「でも、またなくちゃ・・・・・・」 

「待つって、なにをさ」

「日が沈むまで待つのさ」

ぼくがこういうと、あなたは最初、たいへんおどろいたようすをしましたね。でも、やがて、じぶんでじぶんがおかしくなって、あなたは、こういいましたね。

「ぼく、いつも、じぶんのうちにいるような気ばかりしてるんだ」

それにちがいありません。アメリカ合衆国で昼の十二時のときは、だれ も知っているように、フランスでは、日没です。ですから、一分間で、フランスにいけさえしたら、日の入りが、ちゃーんとみられるわけです。でも、それに は、あいにくフランスが、あんまり遠すぎます。だけれど、あなたのちっぽけな星だったら、すわっているいすを、ほんのちょっとうしろへひくだけで、見たい と思うたびごとに、夕やけの空がみられるわけです。

「ぼく、いつか、日の入りを四十三度も見たっけ」

そして、すこしたって、あなたは、また、こうもいいましたね。

「だって・・・・・・かなしいときって、入り日がすきになるものだろ・・・・・・」

「一日に四十三度も入り日をながめるなんて、あんたは、ずいぶんかなしかったんだね?」

しかし、王子さまは、なんともいいませんでした。

~星の王子さま、岩波書店、より

 

7年ほど前、このシーンを版画にして、年賀状を書いたなぁ・・・。あのときは、悲しかったと

いうより、なにか自分の憤りを静めるような心持だった。 

 

  iribi

これは、今日の夕方、ふと会社の屋上にでて、撮影。 

悲しさの他に、なにかをかき立てるような、激しさがあった。