about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« Happy Wedding | メイン | シュタイナー »

ある聾者の風景

半年ほど前に突然マイミク申請してきたAさん。 

コミュニケーションがしたいから、筑波山に登って温泉に浸かりたいという。

聾ということを差し引いても、あまりに会話が一方的なので、そんなのは

「コミュニケーションじゃなーい!!」と文句を言って、そのままにしていたら、

先日このブログに、

 

「逢いたい、逢いたい」 

 

と、コメントの投稿があった。

私はギョッとして、コメントを即刻削除した。そして、「会いたい」の間違いであることを

指摘するメールを送ったのだが、半ばやけくそ気味に、この週末に筑波山に行くことを

約束してしまった。

 

仕方がない、「コミュニケーション」の正体を確かめてやろうではないか。

相手の顔も知らなかったので、警戒心を抱きつつ待ち合わせの場所に行く。

どんな人物が登場するかドキドキしていたが、なんのことはない。メールの文面から

感じていたとおりの人だった(かなりGoing My Wayな風貌) 。そして、私よりは数歳

年上か・・・。

なるほどね、と思いつつ、せっかくだから愉しい休日にしましょうね、と満面の笑みで、

初めましてのご挨拶。

 

早速、私の車に乗り、筑波山に向けて出発進行。

普通であれば、音楽でもかけて気分を盛り上げるところだろうけれど、独りで音楽を聴く

のは失礼であろうから、それはやめる。当然、車内には沈黙が流れる。

時々、メモ書きに質問などを書いて見せるので、信号で止まったときにそれに答えたり、

クチパクでジェスチャー。

途中、筑波山の麓にある奈良時代の遺跡に立ち寄り、 軽くお散歩。Aさんは写真を撮る

のが好きなようだ。

なるほどね、とひとつ納得。

 

さて、登山口について、「歩くか、ケーブルカーにするか」と聞くと、「障害者手帳があるから

ケーブルカーが安くなる」とのこと。Aさんが窓口で切符を買う。私は後ろから様子を見ていた

のだが、なにやら少々手間取っている。駅員さんは手話で説明しようとしているのだが、うまく

伝わらないようだった。

後でケーブルカーの中で聞いたのだが、駅員さんが、紙に運賃を記してくれなくて不親切だった

そうだ。 Aさんは手話はできないらしい。

なるほどね、とひとつ納得。

 

間もなく、山頂直下の駅に着き、レストハウスで昼ごはん。これまで、まともに筆談が出来な

かったので、ようやくそれらしい時間がもてた。といっても、会話の内容は、ごくごく日常の

些事について。まあ、会話の基本だよね。

山の独特の匂いには、ちょっと感動したらしく、それを聞いただけで、来てよかったなと思えた。

 

食事を済ませた後、 男体山、女体山と往復。約1キロのお散歩。Aさんは、休日はもっぱら

PCに向かっているらしく 、運動不足を嘆いていた。そそくさと、ケーブルカーで下山し、

温泉に浸かって汗を流すことにする。

それにしても、Aさんは道中、ずいぶん写真を撮っていたけれど、そして、Aさん自身の写真を

撮ってくれと、頼まれはしたけれど、一枚も私の写真はとってくれなかった。全くもって

かまわないのだけれど、・・・なるほどね、とひとつ納得。

 

さて、1日Aさんと過ごしてみて、なるほどね、と思ったことがいくつかあったわけだけれど、

一番の発見は、Aさんのイメージする「コミュニケーション」について。

それは、

 

「お互いに好意的に接すること」

 

なのではないかと思った。

 

通常コミュニケーションというと言葉によってなされるものを思い浮かべる。特にネットで

あればそうだ。(言葉によって)考えや、感覚を伝え合うこと。私はそのように漠然と考えて

いた。でも、核心は、そこにこめられた、好意にあるのではないか。

 

あたりまえといえばあたりまえのことなだが、ブログを書いていても、ただの独りよがりや、

放言になってしまっては駄目だよな、自分に念を押す。

 

 

とはいえ、ちょっと疲れたのも事実。帰宅して一息ついているところに、Aさんからメールが

来た。

「楽しかった。今度は袋田の滝に行きたい。」

 

・・・好意を込めて、あだ名は「王様」に決定。

ま、類は友を呼ぶということで、奇妙なTKB友達ができましたとさ。 

コメント (2)

なるほどな~

BACさんが体験してきたのは、コミュニケーションそのものですね。

エントリーを読んだら、普段、手話に頼りきってコミュニケーションしている自分に気がついて、苦笑いしちゃいました。

BAC:

つかさみずほさん

でも、表現の幅がひろいというのはいいですよね。手話が出来たら楽しいだろうな〜^^