about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« 女好き | メイン | 何故? »

呼称

ボクが小学校1年生だったときの話である。

同じクラスに、小学校で初めて知り合ったシンヤくんという、ちょっと
暴れん坊の男の子がいた。といっても、ジャイアンのようなガキ大将と
いうわけでもなくて、ガキ大将のススム君や、その他の遊び仲間からは
シンヤと呼び捨てにされていた。それは、どちらかというと、男の子社会の
中で、下位に位置づけられているような面が、ややあったと思う。
一方、ボクはといえば、当時はリョウ君と呼ばれることが多くて、幼馴染は
たいていそのように呼んでいた。

ボクはその子の上に立つような意識はなかったし、喧嘩をすれば負けること
は承知していたけれど、周りがそのように呼んでいたので、あまり疑問に
感ずることもなく、彼のことを呼び捨てで呼んでいた。

ある日、何気なく彼のことを呼び捨てで呼んだら、唐突に、思うところを
述べ立ててきた。

「俺はリョウ君のことをリョウ君と呼んでいるんだから、シンヤと呼び捨てには
されたくない」と。

その言い方は、高圧的でも、怒りを含んでいるでもなく、どちらかと言えば、
悲しみをたたえていた。ボクは少々めんくらってしまったし、また、考え込んで
しまった。そして、その後から、ボクは彼のことをシンヤ君と呼ぶようになった。



話は飛んで、高校生になってからのこと。
この頃の僕は、Y口くんと呼ばれることが多かったのだが、仲のよい友達は、
あだ名で、またはリョウ君と呼んでくれていた。
そんな中で、ひとり、リョウと呼び捨てにする人物がいた。彼の名はカツエ君。
僕とは特別親しかったわけではないし、周囲からもやや浮き気味な人物だった。

ある日、僕は友人数人を前に、ぽろりと漏らした。
「彼の僕に対する妙に強気な態度はなんなんだろう・・・。」

友人は同意してくれた。
「確かに、あれ、なんだろね。ちなみにリョウ君はカツエのことなんて呼んでいるの?」

僕はしばらく思案した後、ぼそりと呟いた。
「・・・呼ばない、かな。。。」

友人たちは、皆、苦々しい表情を浮かべた。


呼称ってむずかしい・・・。

コメント (4)

*Lunette*:

あだ名・ニックネームってある意味、その人物の地位
になる場合もあるね。でもまだ名前で呼ばれるならいいよ?
だって私の場合、
小さかったので「金魚」=「キントト」なんて呼ばれてたもの。(爆)

BAC:

ルネさん

要は、心かな。親しみを込めて名前で呼ぶなら全然かまわないです。むしろ歓迎。ただ、お互いの何をわかったうえで、親しみを込めるか、というのもあるし、それぞれの性格によってもしっくりくる呼び名ってあるように思うし。私はルネさんにはBACと呼ばれるのがしっくりくるけれど、それはネットだからというのもある。声に出してBACと呼ばれると、ちょっと違和感があるのも確かなんだよね。。。

瑠璃:

昨日はお話出来て良かったです。呼び方って確かに難しいよね~私も学生時代までは愛称で呼ばれてたのに・・今は誰からも苗字にさん付けなんでちょっと淋しいです(笑)だからネットで違った名前で呼ばれるのは不思議と嬉しいのでした・・

モレの小学生の時のあだなって

「おやじ」だったよ。。(-_-;)、

コメントを投稿