about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« Deny | メイン | 全知全能 »

支配の心理

人間の心理には然るべき位置がある。

以前の記事で、「支配、被支配の欲求」について少し触れた。

その心理の然るべき位置とは、自らを神の下に従えることだと思う。
人間は愛を以って自らを律する必要があるし、なおかつ、自分が神の
下にあることに対して感謝の心を持って然るべきだと思う。

問題になるのは、神とは何ぞや、御心とは何ぞや、ということだと思う。

かつて、「酒鬼薔薇事件」なるものがあった。
犯人の少年は、「バモイドオキ神」なる神様に自らを従えた。
私が推測するに、「バモイドオキ=バイオ・もどき=不完全生物」という
連想による命名だと思う。
自らの不完全性に耐えられずに発狂するくらいなら、全知全能の神様に
従えるべきであった。

では果たして、全知全能の神様の御心とは、何であろうか?
・・・それはまたの機会に。