about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« ああ切ない | メイン | マイスターの箴言 »

WE WERE LOVERS

これもお気に入りの一曲。
アニメ「巌窟王」のオープニングテーマを和訳してみました。


「僕たちは恋人同士だった」


酷な言葉が発せられ、加えて嘘が告げられた。

「決して君を泣かせるつもりはなかったんだ。」

「だけど、愛は僕らを弱気にさせることもあるけれど、強くもするんだ。

実際、遠からぬ以前、確かに僕は君との愛の中にいて、そこにどっぷりと浸って、

君に吸い込まれ、囚われの身となって、とびきりの気分にさせられて、我を忘れた。

だから、これで間違いはない、間違いはないはずだよ。」


そんなわけで、今夜は僕のすべての友人たちに向けて歌を捧げる。

もちろんそのなかには、二度と会えない人、一時の知り合い、憧れの人、

再会したい人、すべてを含めて。

僕はただただ祈るばかりだ。皆が僕を愛し、信頼し、共に笑い、共に泣いて

くれることを。そして、そんな静かな祈りの時間を共有してくれることを。

いつでも僕を愛していて欲しい、いつまでもずっと。


君と僕とは恋人同士だった。

僕らの夢は、生活の犠牲になったんじゃない。

親友の裏切りのおかげで、君は僕の妻にはなれなくなったってことさ。


評;「絶望しつつも祈る」、私の理解を超えた歌詞ですが、切ないメロディーのいい曲です。