about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« おしらせ | メイン | 静寂 »

セントラルドグマ

生物学における「セントラルドグマ」について、ご存知でしょうか?

真核生物の場合、細胞の核にある染色体は、その個体の遺伝情報の
ほぼ全てを網羅しており、ゲノムと呼ばれています。その情報は、ゲノム
DNAを構成する4種類のヌクレオチドの配列によって記録されていて、
その配列情報が、子孫へと引き継がれていきます。
これを遺伝といいます。

ゲノムDNAが重要な働きをしていることは容易に察しがつくのですが、
それだけでは生物は生命活動を営めません。
ゲノムDNAの配列のうち機能的な部分を遺伝子といいます。そして、遺伝子
とはどのようなタンパク質を何時、何処でつくるか、という情報のことを指し
ます。つまり、最終的に機能的な働きをしているのは、「タンパク質」なのです。
このタンパク質によって生物は代謝を行い、自身を維持しているのです。

ところでゲノムDNAを元にタンパク質がつくられているわけですが、実は
中間体が存在します。DNAとほとんど構造が同じ、RNAです。
なぜそのような中間体が存在するのでしょうか。
ひとつの理由は、遺伝子は両親から由来なわけで、基本的には一つの細胞
には2つ一組として存在しますが、これでは数が少ないことがあげられます。
大量のタンパク質をつくるためには、まずはそのコピーをたくさんつくって、
ストックしておく必要があるのです。
もうひとつの理由は、DNAは子孫に伝えるべき重要な情報であるが故、
大切に保護しておかなければならないからです。だからDNAは2重螺旋という
安定な形態で核膜のバリアーの中にしまわれています。一方の、RNAは合成、
分解が容易な1本鎖の状態で細胞質に存在します。そして、必要に応じて、
即座にタンパク質が合成され、不要になればすぐさま分解されるのです。

さて、話をもとに戻して、セントラルドグマとは何かというと、
「DNA、RNA、タンパク質という3つの要素は、ある関係性のなかにある。
すなわち、DNAからRNAに転写され、RNAからタンパク質へと翻訳される
という、方向性のある流れをつくっている。」という基本概念のことを指します。

ところで、実際には細胞分裂するときにはタンパク質によってDNAが複製
されますし、転写や翻訳の際には複数のRNAとタンパク質が複合体をつくって
機能しています。
実は、セントラルドグマの概念はとても古いものなので、正しく拡張されて
然るべきものなのです。

ここで質問です。

「セントラルドグマ」を日本語に訳すと、「教義の核心」となります。ずいぶんと
仰々しいですよね。
これはキリスト教の中心的な教えをモチーフにしていることが推察されます。
では、キリスト教のどんな教えをモチーフにしているのでしょうか?

さあ、みんなで考えよう!
私なりの答えは次回以降の記事で書きます。

父と子と聖霊の三位一体ではないと思いますよ。


わかったよーん、という方は神に愛されています。
↓感謝のクリックをお願いします!
blog ranking