about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« じゃがいも収穫 | メイン | 創価学会中傷 »

仕事と言葉

先に紹介した伯父が、職歴のなかで折々に述べてきた
挨拶の言葉をまとめた本を、昨年、自費出版された。
「仕事と言葉 展望を開くあいさつの力」という立派な装丁の
本だ。その本から、私の気に入った言葉を引用する。

全校朝会で
川名の踏み切りで「先生、いまおかえりですか」と声をかけてくれた生徒がいました。名前を覚えていなくて申し訳ないと思いながら、明日からの中間テストの勉強について二言三言、言葉を交わして別れました。挨拶をするということはとても気持ちのいいものです。私はその日の日記に「柿若葉中学生と出会う道」と一行書き記しました。私はその日に心に残ったことを毎日一行だけ日記に書くことにしているのです。これならどんなに忙しくても、また三日坊主の私でも続けることができると考えたからです。
私の日記帳は一日分が十五行あります。一日一行ずつ書けば十五年間書き綴ることができる一冊のノートなのです。今年は十三行目を書いています。つまり、十三年つづいているということです。書き始めたのは中学一年生が生まれる前ということになります。五月十四日には激しく降る雨の中で行われた巨人と広島の戦いの結果を書きました。通産で十四勝十七敗、ジャイアンツは三つの負け越しです。書きながら同じページの中に収められている過去十二年間の「一行」が気になります。昨年のこの時期に巨人はやっと「借金」ゼロにしています。一九九三年は「借金」一で五位、一九九二年は「借金」十二で六位・・・・・・おもしろい記録が残っているのです。継続は力、どんな小さなことでも一度決めたことをやり続けると思いがけない価値が生まれてくるものです。

きっと、中学生の心には、よく響く挨拶だったであろうと思う。

私は、これをやろう、と心に決めた物事はこれまでそう多くないけれど、
それでもいくつかは続けたいと思うささやかなことがある。このブログも
そのうちのひとつだ。続けることで、果たしてどんな価値が生まれてくる
だろうか。
ヤンキースの松井秀喜も次のように言っている。

「努力とは継続することである」

↓続けるって大事と思った人はクリックお願いします!
blog ranking

コメント (4)

こんにちは(*´з`)ノ♥
コメントありがとうね。
実はちょっと、あのブログも閉鎖の方向で考えてました。
だけど、この記事読んで、継続することにしようと思ったよ(*´∀`)
ありがとうね♪

もも:

いつまで続くか分からないけどなんとか私もブログは続けようと思ってます。今までで一番続いてるものってなんだろう・・と考えてしまいました。ある方のファンクラブには入ってかれこれ23年以上になるけれど毎日何かをしてる訳じゃないし・・BACさんとの縁も長く続くといいなぁ~と思います(笑)

BAC:

VIVIENNEさん
ブログの切れ目が縁の切れ目、それはちょっと寂しいです。
是非続けてください!

BAC:

ももさん
ありがとう。私もももさんとは仲良くしていきたいです!ヅカ観劇、楽しみにしています。

コメントを投稿