about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« 仕事と言葉 | メイン | オールナイトカラオケ »

創価学会中傷

最近、久本雅美と創価学会を中傷する映像がネット上で出回って
いるようだ。コレ。

確かに一見奇異に感じるけれど、本人は本当に困っている時、
宗教の教えに心から救われたのかもしれない、と思うと安易に
非難はできない。宗教は閉鎖的な側面や組織運営の問題点が
指摘される事がままあるけれど、そのコミュニティーを通じて生き方を
見出している人も多いはずだ。魂で通じ合いたいという渇望は誰しもが
抱きうる希望なのだから。

ネット上には反韓サイトなんかも数多くあるようだけれど、匿名なのを
いいことに、やりたい放題の中傷が行われているのを見ると、目を
覆いたくなる。

↓全くだ、と思った人はクリックお願いします。
blog ranking

コメント (11)

*Lunette*:

宗教。
これは個人の意思での行いであり、他人がとやかく言うものでは
ないと思う。
中には、盲目になって財産から全てを宗教に費やしてしまって、傍から見ると、まるで詐欺にあっているようで、見てられない時もある。
人の思念を変えるのは容易な事じゃない。
こればっかりは、本人の問題で迂闊にコメントは出来ないな~。
(;^_^A

もも:

ヅカも一種の宗教かなと最近は思います(笑)私は轟教の信者でして・・教祖様の言う事は神のお言葉(爆)難しいですね。

ところで今日のお出掛けは楽しかったかな?雨でなくて良かったです。

BAC:

*Lunette*さん
確かに、本当に難しい問題ですよね。何を信じようと、何を見出そうと、それは本人の自由だと思います。でもね、それによって誰かの人権が踏みにじられるようなことだけは、あってはならないと、常々思います。

ももさん
そうですね、きっとヅカは宗教的な要素が満載だと思います。嵌っている人は、トップスターの放つ波動にびりびりシンクロしているんでしょうね。
^^

文太郎:

創価、韓国、etcに対する反応には確かに過激なものがあります。

しかし彼らの行動を嘆く前に、彼らが何に反応しているのか、何を問題といているのかを理解しておく必要があるのではないでしょうか。それはとても大切なことだと思います。

自国民としてのアイデンティティーや誇りといったものに我々の世代はもう少し留意すべきだし、そうした意識が低ければ、ますますこの国は地盤沈下してしまうのでしょうか。

国や宗教団体といったものには必ず強力な意思というものがありますので、きれい事ばかりいっていては良いようにやられてしまうという現実にも目を向ける必要があるのではないでしょうか。

BAC:

文太郎さん
コメント、ありがとうございます。私もカルトが人格と社会に与えるおぞましい影響は理解しているつもりです。人は信仰の意味を決して履き違えてはいけないと思います。あるべき信仰の形は信じることではないと仏陀は言っています。百歩譲って信じる自由を認めたとしても、人権を侵すようであってはなりません。違法行為は裁判によってきちんと裁かれるべきだと思います。
しかし、適切に問題点を指摘できればよいのですが、安易に中傷することは、何の価値もない事だと思います。却って挑発的行為とみなされるだけなので。

それから、このブログは奇麗事を並べるために書いているわけではありません。自分なりにある意図を持って書いているつもりです。そこを汲み取ってもらえれば、非常に嬉しいです。

文太郎:

BACさん、コメントありがとうございます。

BACさんの他のブログやコメントにはとても親しみを感じていて楽しく拝読しています。素直に心の中を書き出すことはなかなかできることではないと感心することもしきりだったりします。

ですが、この問題に関しては微妙に考え方が違うのかもしれません。

日本にとっての政教分離の重要性と、ある意図をもった反日教育の脅威は論を待たないところだと思います。
個人的には、安易な誹謗中傷をたしなめる前に、先方に自省を求めることこそ肝要だと考えます。
事なかれ主義的な報道と目を覆ってしまった人々によって形成された世論の中では、安易な誹謗中傷(?)のおかげで少しはバランスが更正されていると考えることも出来ます。

反韓サイトや安易な中傷(?)と言われる意見の中には、やくざな理由で一般的には報道されない先方に都合の悪い事実も沢山あるわけで、双方の意見を聞かなければ真実は都合のよいように捻じ曲げられるばかりです。

BAC:

文太郎さん
あいにく、私はこの手の問題について議論するにたえる具体的事例をもちあわせていませんので、これ以上申し上げることはできません。政教分離の問題も、憲法解釈にまで議論の及ぶ、素人には難しい問題だと理解しています。ただ、文太郎さんが敢えてこの場に書き込みをして下さったことには、それなりの根拠がおありでしょうから、その点は真摯に受け止めたいと思います。今後、自身がそうした問題と直接関ることがあれば、事なかれで片付けることなくきちんと向き合っていきたいと思います。もっと私に伝えたい事実、ご意見などがございましたら、遠慮なくおっしゃってください。

sawas:

チャンチャラ可笑しいとは、こう言う事
創価学会に入信する理由は貧・病・人間関係の争いと言われているが、そんな大変さから逃れて一つの価値観を集団で信ずる事により楽になろうとするのも結構だが。

例え入信を拒否したからと言って創価学会の権力を悪用し「あの野郎。きにくわない」と、練馬区地域ぐるみで妄想・迷妄のデマ・誹謗中傷を犬・猫・狸畜生のように垂れ流し、個人の社会的地位、生活の糧である職場等に嫌がらせし働く場を剥ぎ取り奪い、生活を困窮させ「常勝、勝利、勝利」「アノヤロウ、ざぁまあみろ地獄に落としてやった」とこれが、練馬区迷妄創価学会員のやり口とは情けない。

また、無宗教・無宗派者・無政党者に対し、己は深い信仰心や宗教的知識をもたず、ただ自分より力のある練馬区地域有力者の下に付くだけで(金魚の糞如く)、人間性の欠片も無く漠然と宗教用語を並べ立て、宗教研鑚の意味も知らぬ者が、一方的に理由も聞かずに、説得力性も無い者が入信を拒否した者をただ「北朝鮮宗教に逆らう憎い野郎」とデマで悪意に陥れるとは、これが本当のチャンチャラ可笑しいという。

また、中・韓・北在日帰化人の寄せ集め連中(組織)が、我が国を北朝鮮池田教で国教化・国立戒壇し、日本国を傾国させ乗っ取り目論むとは、これこそ、「宇宙規模能無しの、チャンチャラ可笑しい」というものだ!!。

BAC:

sawasさん
書き込みからすると、ひどい被害を受けたようですね。何と言っていいかわかりませんが・・・。

国立戒壇はおそらく違法です。憲法が安易に改正されない限り、実現することはないでしょう。

また、一つの価値観を集団で信じることで救われるというのは、仏陀の教えとは遠く離れていますね。

どこに行っても集団によって個人を貶める人間はいるものです。そんな人は、結局、救われないでしょうね。ナムアミダブツ。

sawas:

宗教汚染
日本国民を利用した新興宗教汚染は人間を盲目に無知にする側面がある。いま反日・在日宗教は常識と知性を重んじているかどうかが問われている。

まして、コンプラアイアンスを無視した反日・在日創価学会などは都合の悪いことには頑なに創価団員が口を閉ざし、集団謀議して他人を悪意に陥れ心を閉ざしているとすれば、組織であっても美しい環境に汚染物質を垂れ流す邪魔宗教でなかろうか。

私の知る限り、宗教とは誰人が強制・強要なく参加し、楽しく自由に語り合うことができ、悪意に他人を陥れないのが普通の宗教といえよう。反日新興宗教団体のように常識を無視しコンプラアイアンスを無視した途端、悪意や狂気が芽生えてしまう。そこに、既存の宗教と反日・在日新興宗教団体の違いが桁違いに出てしまうのであろう。

宗教を悪用したビジネスである、池田教汚染は50年にも及び創価学会を利用した反日・在日独裁教組でもあり、「池田本仏論」他等で「日蓮大聖人の生まれ変わり」「生き仏」と妄言し、「敵を倒すには内側から」と組織関係者しか信用できないように洗脳したため。日本信者でもある創価団員は次第に人間不信に陥り、精神構造が貧しくなってしまった。そのためモラルが欠如し、創価学会独裁者の利権・利益のために、大人ばかりか子供たちをも利用し有害汚染された池田思想を平気で教え込むことになってしまったのだろう。

阻止するためには、危機管理体制として国家はこのような未来に輝く子供たちを守るためにも、官報、勇気あるマスメディアなどで有害な宗教団体の情報公開を徹底し危険性を国民に認識させ。また、このような悪徳宗教業者を排泄するには、宗教法人法を改正し課税特権を廃止し、共謀罪を活用し有効利用し有害な悪徳宗教業者を制裁し根絶するしかないのではなかろうか。

また、そのような有害宗教団体、反日団体が策謀する「外国人参政権付与法案(同、地方参政権付与法案含む)」「人権擁護法案」他等には断固反対しましょう。また、貧しい日本国民よりも優遇されている国籍無き在日韓国人・在日朝鮮人を対象にした在日特権(特別永住資格・朝鮮学校補助金交付・生活保護優遇・通名制度・他の特典優遇)の見直し及び廃止。また、特権在日犯罪者の国外追放及び帰国推進奨励制度の立法化運動に参加しましょう。「犯罪のない、未来ある、夢も希望も持てる国を思う、国民の一人として」
(練馬創価学会の真実より)

BAC:

sawasさん
どなたか存じませぬが、書き込みの意図がわかりません。
宗教団体による犯罪の被害にあったのであれば、それは正されてしかるべきだと思います。然るべき方法により告発されてはいかがでしょうか?
昨日も宗教団体内での犯罪が報道されていましたね。信教の自由は尊重されて然るべきですが、その教えによって他者を傷つけたり、不当に貶めたりすることがあるとすればそれは犯罪です。
行政による宗教団体に対するチェック機能はもう少し強化されてもいいかもしれませんね。

コメントを投稿