about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« 野球観戦 | メイン | 日本対豪州 »

こんなんばかり

私の目に留まる偶然はこんなものばかり。

キリマンジャロは標高六〇〇〇七メートル、雪に覆われた山で、アフリカの最高峰と言われている。その西の山頂は、マサイ語で”ヌガイエ・ヌガイ”、神の家と呼ばれているが、その近くに、干からびて凍りついた、一頭の豹の屍が横たわっている。それほど高いところで、豹が何を求めていたのか、説明し得た者は一人もいない。

 

キリマンジャロの雪/ヘミングウェイ/新潮文庫より、冒頭の一節。

才能の有無の如何に依らず、このように生きるより他ない人もいる。というより、人は本来的には皆、そういう存在なのだ。

↓この作品が好きな人、または興味を持った人はクリックお願いします!
blog ranking