about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« たねまき | メイン | 落としアイテム »

世界認識

ボブ&キャサリン書房のグループに参加してくださっている、
マリーさんの掲示板より引用。

「自分は相談員ではありませんから、クールにお答することしかできませんが、大げさに考え過ぎではないでしょうか。虚無感と仰いますが、そんなものは誰しも感じて止まないことでしょう。ついに満たされぬのが世の常です。
もっとシンプルに考えるべきでしょう。変えなければならないのは世界ではありません。認識です。」

まず、誤解しないでほしいのですが、自分はマリーさんの掲示板には
何も書き込んでいません。虚無感を感じて止まないわけでもないです。
私の心に留まったのは、最後の一文です。
「変えるべきは人の認識」という主張に深く肯いたのです。
人の認識はその人の行動に強く波及するし、それが更に他人にも影響を
与えます。それがめぐりめぐって、世界を形造っているわけですよね。
では、どのように世界を認識すればよいかというのは難しいところ。
私自身の想いとしては、事実をあるがままに見ることができたらよい
と思います。真っ直ぐに世界を見て、多くの事柄に気づくことができる
ようでありたい。気づけば行動も変わるはず。

ちなみにマリーさんは若干二十歳ですが、とても知識人。
世界の文学、思想にかなり精通していらっしゃいます。
マリーさんの書店、MARIE'Sでは以前は実に幅広い分野の本を紹介
していたのですが、最近、改装してご自身の趣味にあった本を並べる
ようにしたようです。
マリーさんファンの私としては、いくつか読んでみたいと思っています。