about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« 毒麦 | メイン | 褒美 »

何故

「何故、山に登るのか?」
「そこに山があるから」

登山家、マロリー卿の残した有名な言葉です。

その心は
「理由はいらない」「高い山は、登られねばならない」

巷では「動機(モチベーション)」という言葉がもてはやされるけれど、
私は結構、懐疑的。
このようなものには隠された不純な動機が含まれることが多々あるから。
何かから目を逸らすために都合の良いにんじんをぶら下げるというのは
美しくない。
また、動機のない行いというのはポリシーがないことを指しているのでもなく、
無気力であることを指しているのでもなく、自堕落であることを指しているの
でもない。
そうではなく、理由を求めない自然な活力ある行いを指しているのだが、
言わんとする事がうまく伝わっているだろうか?
「人としての尊厳に則った自然な行い」とでも言えばよいか。

コメント (5)

のち子:

よく意味がわかりませんが…
BACさんのブログはむずかしいですな…

BAC:

私の表現がへたくそなだけですよ。1から10まできちんと説明していないから。ここでのイイタイコトは、みんなが外からの圧力によるストレスを感じずに生きることができたら良いね、ということです。本文との関連がわかりますか?わからないでしょう。私の頭の中で繋がっているだけなので。
のち子さんは、傍から見る分には、全く問題nothing!

のち子:

そう書いてくれたらもっと伝わるのにな~

なぜ山に登る、永遠のテーマですね、僕には、山が、好きだから、?
まだ答えはでてないです。

あとある漫画の主人公は、<そこに山があったからじゃない ここにおれがいるからだ>
と、羽生丈二<クライマー>
神々の山嶺より引用

遅れましたがはじめまして shin kazama です。

お邪魔しました。

BAC:

shin kazamaさん、書き込み、ありがとうございます!私はゴールデンウィークは尾瀬に行く予定です。一生のうちにはどこかの山ですれ違うことがあるかもしれないですね!

コメントを投稿