about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« ひなまつり | メイン | 作家からの手紙 »

読書の傾向

私の読書の傾向について。
まず、短い書評をたよりに直感で選ぶ。
誰が紹介しているかということも重要なポイント。
最近はブログも参考にしている。

とりあえず買った本は最後まで読んでみようと思っている。
そして面白かったら、その作家の作品をもうひとつくらい
読んでみる。大抵はここまでで終了。
やまれぬ面白さを感じたら、さらに別の作品も読んでみる。
ここまで行くことは稀。
実績のあるのは、ゲーテ、クリシュナムルティ、ぐらい。
自分はひとつの雰囲気に陶酔することよりも、自分にとって
新鮮なことに触れることの方が重要なのだと思う。
あるいはそのとき自分が求めていることに対して、何らかの
答えが得られればそこで関心が収束してしまうのかもしれない。

最近、7&Y書店を運営しているからかインスピレーションを
受けて衝動買いしてしまうことが多いのだけれど、最後まで
読み進められずに眠っている本が多い。
感受性が衰えているともいえる。いかんな。