about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« 正負の法則 | メイン | 緊張感 »

箴言集

私は結構格言が好きだ。
で、なんとなく気に留まって「ラ・ロシュフコー箴言集」
なるものを買ってみた。

それなりに期待していたのだけれど、ちょろちょろページを
めくってはみたが、総じてつまらない。
あまりにひねくれすぎているので。
それでもごく稀に目に留まる一文があるので、いくつか紹介する。

「馬鹿な人たちが同席していないと、才子もしばしばお手上げに
なってしまうだろう」

~会話には場の抑揚が必要かも

「信頼は才気以上に会話を潤す」
~これはまっとうな事実か

「凡人は、概して、自分の能力を超えることすべてを断罪する」
~嫉妬と無知によって、あるいは恣意的に

「女の愛が冷めた時に気がつかないのは、愛している男のほうが
ほとんどきまって悪い」

~現代でも度々言われる事

「ほんとうの騙され方とは、自分が他の誰よりも一枚上手だと思い
こむことである」

~何かを解ったつもりでいる状態は、必ず騙されている

「愛し合わなくなった時に、愛し合ったことを恥ずかしく思わない人は、
めったにいない」

~辟易

「われわれが不信を抱いていれば、相手がわれわれを騙すのは
正当なことになる」

~この場合同情はされない

「友達がわれわれを欺いた時は、彼らが示す友情には無感動を
返せばよいが、彼らの不幸にはやはり痛みを感じるべきである」

~割とまともな反応

ここに紹介した数編を読んだ人はつまらないと思うでしょう。
私にとってのみ意味のある偶然によって、私の目に留まった
一文に過ぎないので。
このようなものは、きれいさっぱり廃棄すべし!

コメント (1)

のち子:

う~ん、けっこうおもしろいっすよ!!
普段、何気なく起こっていることを改めて文章として再確認した、ってかんじ。
当たってるものもあったりするし。

コメントを投稿