about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« 何をか知る | メイン | バレンタイン企画 »

Kの名言

「賢いから慈悲深いのではない、慈悲深いから賢いのだ」

前のエントリーとの関連がわかりますか?

コメント (4)

のち子:

わかりません。

BAC:

言葉足らずで失礼しました。
Kというのはクリシュナムルティのこと。本の表現そのままに
慈悲とか賢いという言葉をつかったけど、堅苦しいよね・・・。
平たく言えば、人は思いやりがあるから気の利いた賢いふるまいが
できるのであって、賢いから思いやりのある振る舞いをするの
ではないということ。
で、前のエントリーとの関連で言うと、他人を尊重する人は
理屈でそうしているのではなく、思いやる心があるからそうしている。
逆に他人を見下す人は、馬鹿だからそうするのではなく
単に思いやりがないだけ、ということ。
前のエントリーにもっと近い例を挙げれば、人の振り見て責めずに
我が振り直す人は賢い以前に思いやりがあるということ。

当たり前のように聞こえるけれど、私はこの言葉に感銘を受けました。

別に、説教しているわけではないです。誤解しないでね。

BAC:

前のエントリーに関する具体的答えは次のとおり。
「向かう先」と書いたのは弱い立場の人間のこと。
「行き着く先」というのはとどつまり自分自身。
それは賢明さによる打算ではなく、
思いやりがあるから、そのように考えられるということ。

のち子:

うんうん、わかりました!そうですよね。
頭で思いやるんじゃないもんね~

コメントを投稿