about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« 言語ゲーム | メイン | ふう »

等価交換

トラフィックエクスチェンジというインターネットサイトがある。
どういうサイトかというと、そこに登録すると、同じく登録した
会員に自分のホームページを見てもらえるというものだ。
つまり、自分のホームページを宣伝するためのシステムだ。

もう少し説明すると、具体的にはまず会員ページのプログラム
によって一定時間(十数秒ほど)ずつ会員のページをランダムに
ネットサーフィンする。そこで見たページの数が自分の獲得
ポイントとして加算される。そして、自分が得たポイントの
数だけ、同様に自分のページを他の会員に見てもらうことができる。

聞くとよさげなシステムだと思うのだけれど、登録サイトがろくでも
ない。大抵は欲しくもない商品の陳列サイト。あるいはアクセス数に
対してリターンがある広告収入を目的としたサイト。
他人のページにゆっくり立ち寄る人は皆無と思われ、実にナンセンスな
状態に貶められている。
「見てあげた分だけ見てもらえる」面白い発想だと思うのだけど、
リターンを期待すること先にありの人が集まった結果、この始末。
というわけで、自分の場合あまり会員であるメリットはない。

例外はあるけれど、与えることのできる分だけ受け取ることが
できる、という法則は存在すると思う。
「ギブ&テイク」というのは、本来とても深い言葉だ。
「まず与えよ」
よい連鎖の中にありたいと思うのであれば、そうあるべきだ。

自分はいったいなにを与えることができるだろうか・・・。