about "BAC"

come with me !

RSS feed etc.

偶然を廃棄せよ!

log in

Creative Commons License

« 再会 | メイン | ヒトサンプル »

性善説、性悪説

人間の本性は善か、それとも悪か?

私の答えは、問いそのものがナンセンス。
人間の本性が善か悪なのではなく、善性が人格を
支配することもあれば、悪徳に心奪われる場合もある。
どう転ぶかは各々の心がけと環境によるところが大きい。

ところで、環境の重要性を理解するならば他人に対する
無干渉主義的な態度は神様(善性の開花を働きかける
もの)の望むところではないことはよくわかる。
一方で「カラマーゾフの兄弟」でイワンがせつせつと語る、
大審問官の叫びにも考えさせられる。
「児童虐待をうける子供に神はどう働いているというのか!」
本当に深く重たいテーマだと思う。
不条理な境遇に長く身を置いた人間にとって、「神は存在する」
という浅はかな確信は時として不快極まりないだろう。

無干渉主義に陥ることなく、かといって神様という概念を他人
に対して持ち出すことなくただ独り強くありたいと思う。